みんなが知っている
新幹線の特徴や歴史を紐解く

新幹線の魅力

多くの日本人が交通手段として利用している新幹線が誕生してから半世紀が経ちます。1964年に東海道新幹線が開業してから、JR各社が様々な魅力ある新幹線を世に送り出してきました。世界中に知られるようになった新幹線は、外国人にも人気がある高速鉄道です。現在でも路線の拡大工事が行われていて、全て完成すれば、乗り換えが必要ですが北海道から九州まで新幹線で移動することができます。

国鉄時代から日本全国各地に新幹線の路線が広まっていき、最初に開業した東海道新幹線だけでなく山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線が開業し、多くの利用客を乗せてきました。さらにJRになってからミニ新幹線が誕生し、山形と秋田で開業しました。そして2000年に入ってから九州新幹線や北陸新幹線、北海道新幹線が開業しました。それぞれの新幹線に魅力があり、様々な楽しみ方があります。

各新幹線には名称があります。東海道・山陽新幹線の「のぞみ、ひかり、こだま」、山陽・九州新幹線の「みずほ、さくら、つばめ」東北・北海道新幹線の「はやぶさ、はやて、やまびこ」など、それぞれの新幹線に愛称があるからこそ、子供から大人まで馴染みがある交通手段になっています。それほど誰でも知っていて魅力がある新幹線は、世界に誇れる乗り物です。当サイトでは各新幹線の特徴や歴史について解説をしています。普段利用している人も、今度乗る予定がある人も、新幹線のことで新たな発見がある内容になっています